教科別方針

英語

現在の日本の英語教育には「偏り」があります。

 

文法・読解などの机上の英語学習の時間が、Listening、Speakingの時間と比べて圧倒的に多いのです。

 

この「偏り」が日本の英語力不足として顕在化しています。

 

英語は、世界共通語として、ますますその必要性が高まってきています。

レオルでは、この「偏り」をなくし、言語として使いこなせるような英語を身につけさせることを目標にしています。

 

レオルは「使える英語」を目標に、プラクティカルな(実践的な)英語指導を行なっています。

上記の目標を実現するため、塾生向けレオル独自のオンライン英会話プランを導入しました。

毎日少しの時間でも実践的な英語を使うことで、Listening、Speakingのスキルを鍛えていきます。

数学

点数をとるための早道は、解き方をそのまま「暗記」してしまうことです。

しかし、単なる「暗記」で終わってしまうと、「応用問題」には、まったく手が出せなくなります。

見たことない問題は、まったく解けない、という事態が、その現れです。

つまり、短期的にすぐ結果が出る「暗記」は、ある程度以上のレベルにはいけないのです。

 

「縦軸が数学力・横軸が時間のグラフ」

 

暗記数学は、すぐに結果が出るが、伸び悩む。

理解数学は、少し時間がかかるかもしれないが、着実に伸びていく。

 

数学は、じっくり「考える」時間をもつことがとても大切です。

考え、理解し、その上で演習を重ねることで、数学力は上がっていきます。

 

国語

「国語を伸ばすには、どうすればいいですか?」

教育業界にいると、この質問を多く受けます。

 

一般的な受験塾では、「問題を解く」という授業形式が採用されています。

しかし、レオルは、この方法論では不十分だと考えています。

 

問題演習は大切です。

しかし、国語の力を上げるには、他にも大切な要素があります。

それは、「多くの文章を読む」「多くの文を書く」です。

「読む」「書く」「解く」

この3つのバランスよく組み合わせることで、国語の力は上がっていきます。


 

理科・社会

各学校の試験対策や受験対策を中心に組み立てています。

ここでは、詳細は省略します。

学校の試験対策・都立対策は塾生は完全無料です!!!

 

お問い合わせ

TEL: 03-5760-6109

月曜日~土曜日
14:30~22:00

 

 

日曜休み

 

〒158-0081  

東京都世田谷区深沢

5-26ー13

ルミネ等々力102

 

メールアドレス

fukasawa@reorjuku.jp

 

体験の申し込みはこちらから